メインイメージ

弁護士特約の活用

特約を使えば交通事故対応のプロの弁護士も身近に

交通事故はいつどこで合うかわかりません。予期せず交通事故にあってしまったら、まずは治療に専念ですが、それが一段落してからも待っているのは面倒なことがたくさんです。交通事故の示談、またそれに対応するために、必要な書類や事柄をまとめる必要が出てきます。

交通事故に関しては過失の割合も重要な事柄です。また、治療費や休業損害、また慰謝料、後遺症に関する賠償金、入院でかかった金額、介護代金など、細かくややこしいことを計算したり、それを証明する書類を出す必要があります。これを病み上がり、さらに素人がやろうとすると、事前にかなり勉強をしなくてはなりませんし、時間もかかります。また、規定もあるので、正確で打倒な金額はわかりにくいです。

この状態でなれている相手方の保険会社と交渉するのは得策ではありません。相手方も素人相手なので、低い賠償金を提示して譲りません。そこで威力を発揮して助けてくれるのが弁護士です。弁護士は知識や経験でも充分なので、妥当な金額での交渉を進めてくれます。また、実際に裁判に打って出ることもできる立場ですので、相手方も裁判が具体的になるので、それに近い金額で済ませようと金額を上げてきます。

また、自分で対応している時は、調べものや連絡などで多くの時間も手間もかかってしまいますが、それもなくなるので精神的な負担からも解放されます。やり取りの電話などもなくなるので、嫌な思いや気を揉むことも軽減されます。これだけでも時間を無駄にしなくて済みますし、安心感も生まれます。しかし、弁護士をお願いするのに、ネックになるのが費用です。やはりプロですから、高い費用が気になってお願いできないと思いがちです。

特約を利用すると、無料で済む場合も出てきます。誰でも保険の1つくらいに入っていると思います。保険のオプションとして弁護士特約というのがあります。それを利用することで、交通事故の弁護が保険で賄えてしまうのです。自分の自動車保険はもちろん、同居の家族の自動車保険でも構いません。また、交通事故といと自動車保険だけと思いがちですが、それ以外の保険でも対象になります。例えば一部除いてい、火災保険などの特約でも活用目的は限定されていないので使えます。これを使うと着手金も不要になることが多く、素早く対応してもらえることにも繋がります。事故でいろいろな出費がかさんでいる時ですから、弁護の依頼もコストを低く抑えるメリットを生かしましょう。