メインイメージ

厚木で日当たり◎

厚木で日当たりのいい戸建てを建てる場合

厚木で家に昼間いる事が多いのであれば、出来るだけ明るい家に住みたいと思うものです。

部屋の中が暗くなってしまうと気持ちも暗くなってしまうようになりますし、電気もずっとつけておかなくてはならなくなります。

ですので、出来るだけ電気をつけていなくても明るい部屋で過ごせるようにしたいものではあります。そうなってくると厚木で広い土地を購入して、周囲の建物と離れているような状況で戸建てを建てるようにした方がいいのでしょうか。

確かにそうすることによって南から明るい日差しが入るようになりますので、日当たりの事を考えるのであれば南を広く取ることが出来るような土地を選ぶのが良さそうです。

しかし、自分が気に入った土地が、必ずしも南側が広くとれる土地とは限らないでしょう。例えば駅近で探したい場合には広い土地を確保することでさえ難しくなりますので、日当たりの事は後回しに考えてしまいがちではあります。せっかくいい場所に土地を見つけたのであれば、そこで戸建てを建てたいと思う事でしょう。

そうなった場合に南が広く取れないという事なのであれば、日当たりはあきらめるような形になるのでしょうか。

もしも南側に建物が隣接をしているような土地だったとしても、戸建ての建て方によっては光を取り込むことが出来るようになるのです。ですので、あきらめる必要はありません。

そこでどんなふうにすれば明るい光を取り込むことが出来るようになるのかというと、自分が一番長く過ごす部屋がどこなのかを考えてみるといいでしょう。

もしもリビングで長い時間を過ごすというのであれば、家の中で一番明るい場所にリビングを持ってくるようにすることです。

例えば、リビングを二階に持ってくることによって、光を取り入れることが出来やすくなります。寝室などに関しては、明るい必要がありませんので、日当たりが悪い一階に持ってきてもいいでしょう。

自分がどこの部屋を明るくしたいかを考えるべきなのです。どうしても一階にリビングを持ってきたいという事なのであれば、どうすればいいのでしょうか。
その時には吹き抜けを作るようにしてみてもいいでしょう。

吹き抜けに大きな窓を設置することによって、高い位置から光を取り込むことが出来るようになりますので、一階の部屋でも明るさを手に入れることが出来るようになるのです。

日当たりが悪そうな土地に一戸建てを建てる場合には、工夫次第で厚木で明るい戸建てを持つことが出来るようになります。”