メインイメージ

成功報酬の金額

交通事故の解決を弁護士に依頼した時に払う成功報酬とは

交通事故の被害者になった場合、損害賠償の交渉の相手は、事故を起こした人が加入していた自動車保険会社となります。
そのような交渉になれない一般の人たちでも、自分の生活を立て直すためには、損害賠償金を正当な金額分、請求する必要がありますが、個人で交渉をするのは、法律の問題も分かりませんし、難しい場合が多いのです。
自動車保険会社の担当者は、交通事故の保険請求を受けるプロの人たちですから、慣れない一般人が交渉をするのは困難を極めます。
そこで、弁護士さんにお願いして交渉をしてもらうのも一つの良い解決方法です。
その時に気になる事は、どのくらい費用が必要になるかという事です。
交通事故の場合の着手金は一般に10万円前後と言われています。
それ以外に必要な費用は実費と成功報酬です。
成功報酬は、加害者が保険会社を通して、示してきた示談金に加えて弁護士が手伝ったとこにより増えた金額を言います。
例えば、示談金が1000万円だったとします.
それが、弁護士の努力で1500万円になったとします。
この差額500万円が成功報酬です。
仮に成功報酬が10%の場合(消費税は別計算です)50万円が相当となります。
その幅は案件によって違い、数%から、20%くらいまで幅があります。
この金額は、案件に着手する時に、契約書に明記しますので、納得する事が出来、後でトラブルになることはありません。
次に必要な費用は、実費です。
これは、案件解決に必要な交通費や通信費のことで交通事故損害賠償請求交渉では切手代とか振り込み代など高額な物はありません。
交通事故の賠償金の支払いの金額が折り合わず、裁判を起こす場合は、訴状に貼る収入印紙代が必要となります。
これは原告が被告に請求する金額が上がれば上がるほど高くなります。
例えば100万円の請求なら1万円、1000万円なら5万円で、1億円なら32万円になります。
無理な請求をしても印紙代がかかるだけですから、十分検討の上、損害賠償金額を決めればよいのです。
その他裁判所に納める切手代、出廷用や交通費が実費となります。
交通事故の裁判においては、そのケース、ケースによっていろいろな場合があり、交通事故損害賠償金が必ず増額できるとは限っていませんが、被害者のリハビルや治療や今後の社会人として普通に生活する費用のに必要な適正な賠償金は請求できますので、弁護士と相談をして交通事故の解決を図るのは良い方法の一つです。