メインイメージ

最近の投稿

ドアの寸法に注意

厚木で一戸建てを購入する際はドアの寸法に注意

厚木は神奈川県に位置しており、交通網も発達しているので都心で働いている方のベッドタウンとしても人気があります。また厚木市は都心へ近いので、遊びに行くことも容易にできますし、さらに病院や学校という行政設備も充実していますので、家族や夫婦で住んで健やかに暮らすにはいい場所です。

しかしそういった都心にほど近い住宅街というのは、窃盗や空き巣などの住居侵入と窃盗犯罪の多い傾向のある場所でもあります。泥棒にとっては住宅街というのは昼間には男性の方は働きに出ているので家庭にはおらず、また他人が家屋に入っていくことも新聞の配達員や保険の相談員などの例がありますので怪しまれることもありません。そのため泥棒にとっては都合がいいのです。

そうなってくると厚木市に一戸建てを買って住む方は防犯設備に気を使っていく必要があります。そして住宅街の一戸建てに発生するような泥棒は、昔のように塀や勝手口から出入りするのではなく、正門から堂々と学校に侵入してきますので、門やドアのセキュリティに気を付けることによって防犯対策を行うことができます。

たかがドアを変えただけといっても侮ってはいけません。泥棒にとっては怪しまれないことが重要ですから、一戸建てのドアからの侵入が難しいというときはすぐにあきらめて別の家を狙ってしまいます。またドアはその家の顔ですので、ドアの防犯設備が高ければ、その家の防犯に対する意識の高さがうかがえるので、泥棒は入りにくくなるのです。

一戸建ての入口の防犯設備は科学の進歩により驚くべき性能を持った者もあります。有名なものは侵入者が出たらすぐに警備会社に連絡が行ったり、入る際に声紋や指紋による認証が必要なところです。ほかにもカギに気を使っていて、今までの物理的な錠により開錠する鍵ではなく、電子的データの一致によって開くものもあります。

しかしハイテクだからと言って過剰に信用するのは問題です。2010年には指紋認証システムを使った一戸建てにシステムを誤作動させることで、侵入した事例があります。
入り口を購入するときには、その寸法を家屋に合わせなければなりません。寸法というのはある程度決まっていますがこれを間違うと無駄な買い物になってしまいますので、調べてから購入しましょう。

厚木は別に泥棒が多い土地ではありませんが、防犯設備には気を使って使いすぎるということはありませんので、十分に気を使いましょう。”

防音対策について

厚木市での戸建ての防音対策について

神奈川県厚木市などでの一戸建てについて、この厚木市に限ったことではありませんが近所からのたとえばテレビの音量であるとか、あるいは自動車のマフラーなどを改造して変更している自動車に乗っているなどにより、防音面での不安がある場合があります。

こればかりはその一戸建て住宅に住んだ以上は近隣住民でそういった困った人がいても、なかなかこちらが引越しをするというわけにもいかず、かといってそうした騒音を出している人に引っ越してほしいと伝えるわけにもいかず、困ることがあります。

そうした際のために一戸建ての防音対策をしっかりと考えて購入することが大切です。

また、逆に家族の中でピアノやエレクトーンなどの楽器を弾くことで音がそれないに出る場合には、そうした音楽を弾くことが近隣にとって迷惑であり、近所との音のトラブルになることがあり得ます。そうした点からも防音対策ができている一戸建て、これは何も建物全体でなくてもいいという考え方もできますので、特定の部屋だけを防音対策を施すことでそうした防音にかけるお金を減らすこともできるわけです。

戸建て全体にこうした防音対策をしてほしいということであればあらかじめ施工業者側に伝達をする必要がありますし、そもそも購入した不動産業者から防音についてどうなのかを聞いておくことも必要です。

これは状況にもよりますが、建築、購入場所が厚木でも郊外であり、今後も近隣での住宅建築が続くという話であれば、近隣でどういった人が入居するのかはまだその時点では分かりようがありませんし、またそもそもその地に住宅が建たない可能性も考えられます。

購入前にはあらゆる事態をある程度想定して、できれば紙などに書き出しておいてこうした場合にはどうなると言った具合に、今後の生活をある程度家族間でシミュレートして見るのがよいとされます。

また、子供がいる世帯にあっては子供の成長に合わせてどういった住宅にしておいたほうが良いか、子供部屋はどうか、近隣周囲からの雑音がシャットアウトしておいた方が勉強をする上でよいのではないかなどのことを考えると、子供部屋だけでも防音対策にするとか、考えることは増えます。

買った後にある程度住んでみて、こんなはずじゃなかったと後悔することがないように、あらかじめ防音面でも今後の生活の中でどの程度必要なのかあるいは不要と判断するのか、しっかりとしたことを考える必要があります。”