メインイメージ

近所への挨拶!

厚木で戸建てを計画する場合の近所への挨拶。

戸建て住宅を計画する場合の配慮は、計画した厚木の戸建てに永住する事を前提とすべきです。そのように考えると、ご近所とのトラブルは当初より避けたいと、お考えになられる事でしょう。厚木に戸建て住宅を建設する場合、ご近所に住んでおられる人達の関心は「良い人に移り住んでいただきたい」と願うのが一般的でしょう。

そこで、どんな人が住むのか、興味津々となるのですが、戸建て住宅の工事が始まり、騒音や、木屑等迷惑な事態が発生しても、顔も知らないようでは、愚痴が出るのも理解できそうな状況となる。引っ越す前から、このような状況ではご近所との付き合がギクシャクするのは当然、との立場です。

そのような事態を回避するためには、厚木の戸建て住宅に着手する前に、「向こう三軒両となり」を最低基準とし、ご挨拶に伺う事が最良の手段だと考えます。

先に申しましたように、ご近所では「どんな人が住むのか」可能であれば良好な関係を築きたいと願うのですから、ご挨拶は顔合わせをする事が主目的であると理解していただきたいのです。

よって、手土産も高価な菓子折り等の必要は無く、「気持ち」を伝える程度に留める事をお勧めいたします。

一般的な慣わしとしては、石鹸が三個か五個、贈答用に箱詰めされた物か、タオルを三枚程度とされております。この場合の配慮は数で祝儀と、不祝儀が分かれるので、それなりの心配りも必要となるでしょう。さらに、工事を担当する建築会社の現場担当者又は営業社員に同行を願うのも、ご近所への細やかな心配りと受け止めていただける事でしょう。

ご近所への挨拶は堅苦しく考えるのではなく、普段着の中に細やかな心配りが見え隠れする。このような状況がベストだと考えます。目的は工事中の迷惑に対するお詫びの心なのですが、ご近所が家を作った時にも同じように迷惑をかけたのですから、条件は同じ事となるでしょう。。

何時の場合も、そのような事態が繰り返される事で町並みが形成されるのですから、必要以上に恐縮する必要は無いのですが、将来を見つめる中での一行事と捉えていただくことが宜しいと考えます。

先の、石鹸、タオルをお勧めした理由は、工事中木屑が風に舞う等を考え、そのような場合に、石鹸やタオルを使い入浴する事で心を和ませていただきたい、との願いが込められているようです。先人の知恵は、このような場合にも私達に様々を教えているのだと、この機会に再認識していただきたいと思うのです。”