メインイメージ

交通事故の警察への届出

交通事故に遭ったら警察への届出は義務です。

交通事故に遭ったらどうすればよいのでしょうか。
気持ちが動転してしまって何をどうすればよいのかわからなくなってしまいそうですが、まずはケガ人がいないかを確認します。
もしけが人がいれば、救急車を呼ぶなどしてただちに病院に行ってもらわなくてはなりません
けが人がいるにもかかわらず救護をせずにいると救護義務違反という罰則にもなります。
次に二次災害を避けるためにも、事故を起こした車は路肩に寄せて、停止表示板を建てるなど危険防止の措置を取ります。
そして警察に届け出ます。
人身事故、物損事故に限らず交通事故を起こしたら警察への届出は道路交通法という法律で義務付けられています。
義務ということだけでなくても保険金の請求などには「交通事故証明書」が必要になります。
その証明書は警察に届け出ることで交付してもらえるものなのです。
警察は人身事故と物損事故では対応が違います。
けが人がいる人身事故の場合には、加害者は「業務上過失致傷罪・致死罪」などの犯罪になることになり、刑事裁判をすることを視野に入れた捜査をします。
正しく捜査をしてもらうためには交通事故にあった時の自分や相手の状況をしっかり把握して伝えることが大切です。
自分の言い分をはっきり伝えないまま調書にサインをしてしまい、保険会社から過失割合が提示されてから、自分の言い分を主張してもそれはもう遅いので、捜査の段階で言い分はしっかり主張しておくことが大切なのです。
そして時間がたつと記憶は薄れていくので、相手方の住所氏名、連絡先を聞いてメモするだけではなく、事故現場を撮影したり、道路状況や現場の様子、その時の自分の言い分などをメモしておくことも大切です。
最後に保険会社に連絡をします。
加害者は相手に補償をしないといけないので、当然連絡を入れますが、被害者の方も自分の保険会社に連絡を入れるべきです。
被害者でも過失があったことが後でわかる場合があります。
その時には自分の保険を使うことになるので、報告をしておく方がいいのです。
最近の保険では弁護士に依頼することができる「弁護士費用特約」というものがついている保険もありますので、それに加入しておけば、相手方との交渉をしてもらうことができます。
それから事故当時は大したけがをしていなくても、後から症状が出てくることも多々あります。
だから大丈夫だと自己判断せずに、医師の診断を受けるようにします。
事故後速やかに受診しないと後で診断を受けても事故との因果関係が分からず、治療費をどこにも請求することはできなくなるので気を付けるようにしましょう。
交通事故に遭ったらこのような流れで対処をするのです。
いざとなって慌てないように日ごろからこのような流れを頭に入れておくことも大切なことです。