メインイメージ

示談のポイント

交通事故における示談のポイントは慰謝料にある

交通事故にあった場合には、相手に対して様々な請求権が発生します。もちろん、発生した請求権をどのようにして利用するのかは本人の意思次第になりますので、まずは自身が持っている権利にどのようなものがあるのかを確認しなくてはいけません。その中でも、人身に対して影響を与えられたときに請求することが出来る権利があるのですが、これを慰謝料請求権と言います。

交通事故では、最も重要になる権利の一つであると言えます。慰謝料請求は、簡単に言うと身体に対して大きな苦痛を受けたときに請求することが出来るものです。法律的には精神的な苦痛などと言ったりするのですが、実際は肉体的に大きな苦痛を受けたときであっても多額のお金を相手に請求することが出来ますので、相手との示談が成立するときにはこの請求権でどの程度のお金を相手に請求することが出来るのかを知っておく必要があります。

基本的なこととして、交通事故が発生したときに相手とする相手は保険会社だということを忘れてはいけません。
交通事故における保険は任意に入る保険と、法律上必ず入ることが義務付けられている自賠責保険の二つが存在しますが、交通事故が起こって慰謝料を請求することが出来るようになったときには、ほとんどの場合で任意に入った保険会社の職員を相手に法律的な議論を展開させなくてはいけなくなります。

自賠責保険の相場と言うのはどのような場合であってもほとんど一律に決まっていますので、この点においてあまり話し合うことはありません。
しかし、任意の保険に関しては法律的な解釈や本人に苦痛の度合いに合わせて示談で生じる慰謝料も大きく変化するのです。

例えば、交通事故によって仕事にいけない身体になってしまったときなどは、これから仕事に行って稼ぐことが出来たお金を相手に請求することが出来るようになりますが、その請求額はその人が行っていた仕事の内容によっては大きく金額にばらつきが出てきます。
正社員だけではなく幹部級の人間や社長クラスの職種ならば金額は非常に高くなりますが、アルバイトなどしかやっていなかった場合には低く見積もられる可能性もあります。また、入院や治療にかかった費用も自賠責保険と絡めて提示されることになりますので、実際にかかった費用の証拠となる書類は絶対に保管しておかなくてはいけません。

これだけでも、請求できる金額に大きな差がつくのです。このように、慰謝料請求と言うのは色々なポイントを組みあわせて考えなくてはいけないわけです。